社内マーケティング

ホーム > 経理・事務代行
会社イメージ

経理代行

経理・事務は会社の重要な仕事なため、改善を図りたい方にオススメ

・経理業務のスピードを上げれないか
・業務の正確さを高められないか
・もっと効率のいい方法はないのだろうか

このような悩みをお客様からよくお伺いしますが、これらを解決するには今の経理を教育することできますし、新たに優秀な経理の人材を採用することでも解決できます。

また、これらを解決するには自社で時間や労力をかけて対応しなくても、アドクリエイトの経理代行サービスを使うことでも解決できます。

まず、経理代行サービスの利用が初めての方のために、経理代行を利用するメリットと利用の流れを説明していきます。

経理代行導入の目的

経理代行を依頼いただくには「コアコンピタンス」を理解していただくようになります。

コアコンピタンスとは、自社ならではの利益(価値)をもたらすことのできる、他の人材や他社が簡単にマネできないような独自の技術、スキル、ノウハウの組み合わせで構築される核(competence)となる競争能力のことです。 このコアコンピタンスを使い、競争能力を維持していく。そして、他社でもできることに人材や経費を投入することは、競争優位に貢献しないという考え方です。

このコアコンピタンスを実践に落とし込む場合は、誰でもできるノンコア業務についてはアウトソーシングを導入することで、コア業務に人材や経費を集中させていくスタイルにできます。

これを経理部門で使う場合、ノンコア業務に関わっている経理の人材を経理部門のコア業務もしくは他のコア業務に携わらせるようにします。



では、経理部門において何がコア業務にあたって、何がノンコア業務となるのでしょうか。

未来の数字を作る業務はコア業務

・収益予測予算予測管理
・投資戦略の策定 ・M&A戦略の策定
・管理会計/原価計算体系の設計

企業の将来設計に影響を与える業務については、自社で実施すべきコア業務にあたります。

これらを自社で行っていくノウハウは社内に蓄積され、他社との競争優位を作り出す源泉になり得ます。

過去の数字を取りまとめる業務はノンコア業務

・売上管理・帳簿作成
・決算
・税務処理
・請求書発行等の販売管理
・取引業者への支払い処理
・社員経費精算処理

会計や税法のルールに従って、現在・過去の数字を処理していく業務はノンコア業務となります。

これらについては会社の成長や他社との差別化に大きな影響を与える業務ではなく、アウトソーシングの導入も考えられます。

経理代行導入のメリット

では、経理代行を導入することによって、どのようなメリットを享受できるのか

・経理人員にかかるコストの効率化
・経理部門の安定
・経理業務プロセスの改善

経理人員にかかるコストの効率化

例えば、経理部門の人件費に1名分の予算しか割けない場合、どのような人材を採用すべきか
経理業務の種類はその難易度別に以下の3つに分類できます。

①単純な入力作業業務
②簿記や会計等一定の知識が求められる業務
③高度な判断や専門知識が求められる業務

仮に高度な業務までこなせる人材を採用した場合、これら一連の業務をその人員のみでこなすことができます。しかし、能力が高いため、この人材に対して単純な入力作業をさせるのはかなり非効率で、業務量が増えてきた時に一人のキャパシティでは業務を回し切れなくなる可能性があります。

一方、高度な会計知識まで持ち合わせていない人材を採用した場合、ある程度の知識で行える業務まではこなせても、より高度な部分の業務まではこなせず、この部分の業務が必要になる場合、外部の専門家に依頼せざるを得ないなど、結局二重でコストが発生してしまいます。

これを経理・事務代行を導入した場合、それぞれの難易度ごとに業務をこなす人材が揃っているため、それぞれ担当の人材が分担して一連の業務をこなすことができます。しかも、支払う報酬は依頼する業務量の分だけで済むため、経理1名分の人件費くらいで十分に業務を回すことができます。

経理部門の安定

採用した経理がやっと一人前の仕事ができるようになった途端、退職したいと告げられるといった話も少なくありません。

大企業であれば話は別ですが、経理部門の人数の限られる中小企業の場合は、マニュアルの整備が十分でないことが多いため、引継ぎに苦労するだけではなく、同じレベルの仕事をできるようにするのに、また多く時間を要してしまうケースも多いです。

経理部門の安定

経理業務のプロセスが改善されない原因として考えられるものとしてよく挙げられるのが、

・昔から使っているからという理由だけで、変化が嫌いなため、効率の悪い形式を使い続けている
・部門間の連携が悪く、同じ仕事を数名の人で行動してしまっている
・システムを導入したけれど、うまく運用できず、結局社員たちがやりやすいやり方に変えてしまっている

経理・事務代行を導入する際は、実際に代行業務を始める前に必ず現状の業務プロセスに対してヒアリングを行っていくようになります。

それにより、今の業務プロセスが非効率だった場合は、無駄なプロセスの改善を行ってから代行業務を実施していくため、より効率的なかたちで経理業務が進むようになります。